節電・省エネ魔法瓶工法

【熱反射工法】 魔法瓶の原理を建物にも採用

生産設備における真夏の暑さ対策、冬場の寒さ対策に適した、「熱反射工法」での改修・新築をおすすめします。 この熱反射工法は、魔法瓶の原理を建物に応用したもので、太陽光の輻射熱を97%以上反射するので夏は涼しく、冬は建物内の暖気を逃がさず節電効果は抜群、空調コストを最小限にとどめます。 「熱反射工法。高純度アルミニウムでできた特殊な遮熱材を屋根や外壁など建物の周囲に敷設することで、暑さの主原因となる太陽からの輻射熱を90%カットし、建物内に熱がこもりにくくすることができます。

●熱反射シート(厚8mm/厚4mm)・反射フィルム 【国交省不燃材認定】 ①熱反射(遮熱)率97% ②高純度アルミ(99%)③圧縮強度77t/㎡ ④国土交通省不燃材認定品(HS-8,4)⑤長期間耐久性に優れ再利用可能

熱反射工法の特長

夏涼しく、冬暖かい
夏は、遮熱材が太陽からの熱を効果的に反射し室温差(-10℃)を実現。 冬は建物内の暖気を外に逃がさないため暖かく室温差(+3℃)を実現。
空調コストの節約
遮熱対策を適切に実施した工場、倉庫なら空調効率が上がるため、エアコンの台数を削減などトータルで最大60%程度の省エネ効果が得られます。
結露対策にもなり、建物の長寿命化にも貢献
建物の外部と内部の温度差が小さくなることで結露を抑制し、建物の骨組みとなる鉄骨などのサビや劣化の予防になります。
定温の維持が不可欠な設備・建物に最適
温度管理が重要となる、冷凍・冷蔵施設や蓄熱層などを改修、新築する際には熱反射工法が最適。魔法瓶の原理で建物の内と外で熱の交換を防ぎ、電力消費を大幅に削減いたします。
【施工前の課題】 日中の屋根は・鉄板屋根で80℃、スレート瓦は60℃に達します。さらに、窓ガラスから入る太陽光が建物内の温度を上げ、密閉された倉庫は午後には45℃に達します。また、冬は窓や外壁、屋根から屋内の暖気が逃げ、建物内は寒くなります。このような環境で空調を稼働させれば光熱費は大幅にかさみます。 【施工後の改善】 建物全体に遮熱材を敷設するので魔法瓶と同様の効果が現れ、夏は太陽からの輻射熱を反射し、冬は屋内の暖気を逃がさないので、快適な作業環境となり、空調コストも最小限に抑えられます。
(C)2019 TANBA-POWER.CO,.LTD 個人情報保護方針