屋根改修・メンテナンス工法

工場や倉庫の屋根を改修したいが、建物が古くアスベストを使用しているため、思うように進まない。
できるだけコストも落として建物や家屋の屋根を美しくしたい、雨漏りや地震に強いものに替えたい、 そんなご要望にも対応いたします。 独自の【カバー改修法】で、皆様のご要望に応じた屋根改修を実現いたします。

屋根改修 劣化スレート屋根金属カバー改修工法

アスベストを含有したスレート屋根を改修する場合、アスベスト飛散の徹底防止、作業上の制約、廃材の適正な処分、各種届出の義務など、厳格な法律上の責任が施主様と施工者に課せられますが【金属カバー改修工法】であれば、このようにデリケートな劣化スレート屋根の改修を安全にしかも低価格で実現できます。
工場などは操業しながらの改修が可能な点や工期が短くて済む点などのメリットも特長です。
また、熱反射シートを適所に敷設するので暑さ・寒さを軽減して、節電・省エネ対策にもなります。

【スレート屋根カバー改修工法】
 アスベスト撤去基準レベル3対応

【折板・瓦棒屋根カバー改修工法】

防水改修「吹付ゴム防水」

築年数が経過して劣化が進んだ建物をできる限り延命して、建て替えまで現状の工場、倉庫で操業を続けたい時も、屋根の改修で対応できます。建て替えとなると相当なコストがかかりますが屋根だけなら最小限の投資で建物の改修が可能です。
屋根や箱桶の表面を特殊なゴム材でコーティングする【吹付ゴム防水】がおすすめです。
また、ゴム剤を吹き付けるだけの簡単施工なので、既存の屋根やタンクを撤去する必要がなく、きわめてローコストでの改修が行えます。
しかも、コロニアル、スレート、シングルなど屋根のタイプを問わず施工できる点も大きなメリットです。

建物の劣化は屋根の水漏れが主な原因で、鉄骨を腐食させ建物の強度が低下します。
ゴム塗装なら撥水性に優れたゴム質の膜が屋根をコーティングし、建物内への雨水侵入を防ぎます。
さらに、トップコートに高断熱塗装や熱交換塗料を用いれば、結露も防止できます

【アスベスト含有 劣化スレート屋根
 + 
高強度吹付けゴム 強化補修工法】
 防水性・長期耐久性・強度アップ・方向可能・遮熱仕様可

【アスベスト含有劣化スレート屋根 吹付防水塗装(アクリルゴム)改修工法】
 安価・遮熱仕様可・ ※スレートの劣化状況による

  • 下 塗  プライマー
  • 中 塗  2工程
  • 上 塗
  • トップUV
(C)2019 TANBA-POWER.CO,.LTD 個人情報保護方針